ヘッダー画像

クラウドファンディングのWikipediaが解りづらいので簡単にまとめてみた

クラウドファンディングのWikipediaが解りづらいので簡単にまとめてみました。簡単にまとめると意外に面白い内容になっています。

クラウドファンディングWikipedia

女性の画像

ねぇクラウドファンディングについて勉強しようと思ってWikipediaを見たのだけどなんだか難しくて解らないんだけど。

男性の画像

嘘をつくな、ゆっくり見れば理解できたはずですよ。横文字だらけだから見るのが嫌になっただけでしょ。・・・まぁいいです。せっかくのなのでWikipediaを一緒に見て行きましょう。

女性の画像

あざます。

Wikipediaの画像1

男性の画像

まずWikipediaを見てみるとアーティストの支援や政治活動、ベンチャー企業への出資、、映画、事業会社への貸し出しなどと書いていますね。

女性の画像

何でもありなんだね。

男性の画像

何でもありますよ。文字だけで見るとどうしてもイメージがわかないのですが実際にあるサイトを少し紹介しましょう。

男性の画像

アーティストの支援:PICNIC、政治活動:ZIPANGO、映画:ドリパス、事業会社への貸し出し:クラウドクレジットなどが実際にあります。好きなジャンルに投資できるのはクラウドファンディングの魅力と言えます。

Wikipediaの画像2

女性の画像

クラウドファンディングのコンセプトって多くの人からちょっとづつお金を集めることなんだ。

男性の画像

その通りです。多くの人からお金を集めることによって新しい商品を開発したり事業に投資が出来る様になるのです。下の図が解りやすいかたと思います。

クラウドファンディング説明画像

女性の画像

お金を集めるのは解ったけど、お金を払った人に何かメリットはあるの?

男性の画像

その前にクラウドファンディングには購入型、支援型、融資型などがあり型により用途が異なります。

男性の画像

そこを踏まえてまずは購入型から!購入型の特徴はある程度資金を確保してから商品の製作を開始します。その為プロジェクト限定の商品を購入することが出来るのです。

クラウドファンディング説明画像2

男性の画像

例えばアニメグッズでお馴染みのCROSS-CFではそこでしか購入できないプロジェクトに参加することが出来ます。限定品に弱い人にはたまらないプロジェクトですね。

男性の画像

次に支援型ですが、これは完全に募金になります。なにかこの世界の為に募金をすることは物やお金では買うことができない心の何かを得ることが出来ます。有名なところで言えばGREENFUNDINGやA-portなどのサイトがあります。

男性の画像

次に融資型ですが、例えばクラウドクレジットの場合海外企業への融資をすることができます。融資する代わりに最大14.5%もの高い利回りを得ることができるのです。この融資型が今クラウドファンディングの中で一番の人気になっています。

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

女性の画像

ほんとになんでもあるんだ。

男性の画像

なんでもありますよ。まずは何が出来き、何がしたいのかを考えてみるのもいいですね。

女性の画像

お金が欲しい

男性の画像

・・・支援をしろ

Wikipediaの画像3

男性の画像

クラウドファンディングは第二次安倍内閣で策定されたもので2014年5月23日に可決されたものです。様は安倍ちゃんが勧める新しいお金の流れですね。

女性の画像

それは知らなかった。

男性の画像

Wikipediaの内容を簡単にまとめるとこの様な感じですね。他にも色々難しいことは書いてありますが、とりあえずこれだけ解れば十分ではないでしょうか。どうでしたか?

女性の画像

やっぱり融資型が気になるな。お金欲しいし。

男性の画像

私はここで支援型のクラウドファンディングに興味が出る女性が好きですね。

女性の画像

・・・

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

クラウドファンディング関連記事