ヘッダー画像

バイナリーオプションの時間帯が重要な訳!勝てる時間帯、負ける時間帯が判明

バイナリーオプションは各国の通貨変動を予測するものですが、時間帯により変動率が大きく異なります。

実際に勝てる時間帯、負ける時間帯が存在します。

特にバイナリーオプション初心者の方は負ける時間帯を知りましょう。負ける時間帯を避けるだけでも勝率を上げる事が出来ます。

市場が開く時間帯は負ける

市場が開く時間帯は投資家達が活発に取引を行う為、相場が荒れやすくなります。その為市場が開く前後30分は取引されない事をお勧めします。

あえて荒れた時間に勝負する必要は無いでしょう。

市場が開く時間帯

市場が開く時間帯

東京市場9時
シンガポール市場10時
香港市場11時
フランクフルト市場(夏時間)16時30分、(冬時間)17時30分
ロンドン市場(夏時間)16時30分、(冬時間)17時30分
ニューヨーク市場(夏時間)22時30分、(冬時間)23時30分
トロント市場(夏時間)22時30分、(冬時間)23時30分

※夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日、冬時間:11月第1日曜日~3月第2日曜日

まずは市場が開く前後30分の時間を覚えておきましょう。

この時間帯を避けるだけでも勝率は大きく変化します。

避ける時間帯

東京市場8時30分~9時30分
シンガポール市場9時30分~10時30分
香港市場11時
フランクフルト市場(夏時間)16時~17時、(冬時間)17時~18時
ロンドン市場(夏時間)16時~17時、(冬時間)17時~18時
ニューヨーク市場(夏時間)22時~23時、(冬時間)23時~24時
トロント市場(夏時間)22時~23時、(冬時間)23時~24時

中には市場が開く時間が勝てると言う人もいます。

確かにバイナリーオプション上級者にとっては相場が荒れた方が稼ぎやすくなりますが、初心者の方は市場が穏やかな時間帯を選ぶべきです。

市場が開く時間に関しては、日により大きく異なります。荒れる日もあれば荒れない日もあります。ただしトータルで言えば荒れやすいのは事実です。気になる方は一度ハイローオーストラのデモ取引で練習しましょう。

市場が開く時間帯はスプレッドで勝つ

スプレッド

市場が開く時間帯は相場が荒れやすくチャートが乱高下します。

バイナリーオプション初心者の方は絶対に避ける時間帯なのですが、中級者から上級者であればあえてこの時間帯を狙うことをお勧めします。

バイナリーオプション(ハイローオーストラリア)の取引の中にはスプレッドと呼ばれるものがあり、このスプレッドはある時間、ある一定量の値動きがある時にだけ勝てる取引方法です。

仮に現在のドル円が111.853円とした場合、スプレッドで取引をすると108.856円より上か108.050より下かの様な取引を行う事ができます。

もし値動きの無い時間帯でスプレッドで取引を行うと高い確率で負けますが、市場が開く時間の様に値動きする時間帯はスプレッドが有利になるのです。

スプレッド取引のペイアウト率は2倍となっており、一気に稼ぐことが出来ます。

通貨に動きがある時間帯でスプレッド取引をする事は通常の取引よりペイアウト率が高い為、結果勝率UPに繋がります。

スプレッドの取引は多少クセがありますので、使われた事が無い方はハイローオーストララリアのデモ取引で練習される事をお勧めします。

米雇用統計直後の時間帯は勝てない

初心者の方限定になりますが、絶対に避けべき時間帯があります。それが米雇用統計直後です。米雇用統計とはアメリカの失業率等を毎月一回発表するもので、アメリカの景気の良し悪しによってドルの売り買いが乱高下します。

一度米雇用統計直後の動きを動画でご確認下さい。

この様に米雇用統計直後の時間帯は予測不能状態になる事が多い為初心者の方は絶対に避けるべき時間帯といえます。

2019年の雇用統計の時間帯

1月4日22時30分
2月1日22時30分
3月8日22時30分
4月5日21時30分
5月3日21時30分
6月7日21時30分
7月5日21時30分
8月2日21時30分
9月6日21時30分
10月4日21時30分
11月1日21時30分
12月6日22時30分

夜21~22時に関して取引をされる方は雇用統計の日付と時間帯は必ず覚えておきましょう。覚えておかないと急激な値動きにビックリしますよ。

雇用統計

少し実例を紹介します。

雇用統計直後は図の様に通常では考えられない動きをします。

ただし急激な動きの後は反発する力が働きます。図の矢印の様に反発する箇所を見極める事が出来れば高い確率で勝つことも可能です。

初心者の方にはお勧めできないのですが、雇用統計直後だけを狙い利益を上げ続けている人も多くいます。

これに関しては雇用統計の時間帯に一度練習したした方が良いでしょう。

経済指標発表直後の時間帯は勝てない

上記で述べた米雇用統計は絶対に避けるべき時間帯なのですが、そのほかにも注意すべき経済指標が発表される日があります。経済指標は国々で数えるととんでもない数になるので、経済指標の中でも特に重要なものだけまとめています。この発表が行われる日時は注意しましょう。

ISM製造業景気状況指数

時間23時
発表日第一営業日
発表機関ISM

小売売上高

時間21時30分
発表日第二週
発表機関商務省センサス局

個人所得・個人支出

時間24時
発表日第二週
発表機関商務省センサス局

GDP(国内総生産)

時間21時30分
発表日下旬
発表機関商務省経済分析局

実は重要視される経済指標の多くはアメリカとなっています。

その為ニューヨーク市場が開く時間帯は要注意です。

特に重要視される日は経済指標カレンダーで確認する事ができますので、時間がある方は一度経済指標カレンダーをご確認下さい。

経済指標カレンダー

取引に自信のない方はこの時間の取引は止めましょう。

初心者が勝ちやすい時間帯

初心者

初心者が勝ちやすい時間帯は、基本的に荒れない時間帯になります。市場が開く前後30分もそうなのですが、経済指標の発表時間はもちろんロンドンフィックスの時間等も注意が必要です。

ただし、相場が荒れない時間帯=勝てる時間帯と言う訳ではありません。

実際に相場が荒れなくても、「トレンドが発生しやすい時間帯」「トレンドが発生しにくい時間帯」があります。

取引の好みにより分かれますが「順張り派」の人はトレンドが発生しやすい時間帯を、「逆張り派」の人はトレンドが発生しにくい時間帯を狙うべきだと思います。

バイナリーオプション初心者の方は今一度取引取引方法を確認して、自身にあった時間帯で取引される事をお勧めします。

以下に「順張り派」と「逆張り派」の人が勝てる時間帯を紹介しています。

順張り派が勝てる時間帯

順張り

順張りとはトレンドの流れに沿ってエントリーをする方法で、トレンドが上昇していれば「HIGH」、下降していれば「LOW」にエントリーする方法です。

順張りをするにはトレンドの発生が必須ですが、トレンドは基本的に取引量が多く無いと発生しません。

通貨の世界シェア率

アメリカ43.8%
ユーロ15.6%
日本10.8%

通貨のシェア率からも分かる様に「ニューヨーク市場」、「ロンドン市場」、「東京市場」が開いている時間は取引量が多くなります。

※東京市場はニューヨーク、ロンドンに比べると市場が小さくトレンドは発生しにくくなっています。

バイナリーオプションには順張り派にとってのゴールデンタイムが存在するのをご存知でしょうか?

その時間帯とは22時~翌2時頃までで、ニューヨーク市場とロンドン市場が両方開いている為取引量が一番多い時間帯です。

実際この時間帯は東京市場に比べるとトレンドが発生しやすくなっています。

ニューヨーク市場とロンドン市場が重なる時間は全通貨量の半分以上を占めますので当然と言えば当然なのです。

もしあなたが順張り派でトレンドの発生を待っているなら22時~翌2時頃を狙った方が効率が良くなるのでオススメですよ。

順張り派の方はこの時間帯を意識して一度練習されて下さい。

逆張り派が勝てる時間帯

逆張り

逆張り派とは基本的にトレンドが発生していないレンジ相場の時に取引を行います。

なので逆張り派の人が勝ちやすい時間帯とは、トレンドが発生しにくい取引量が少ない時間帯になります。

特に東京市場が開いている時間帯は比較的穏やかですので、逆張り派の人は午前中から夕方までに取引される事をおすすめします。

東京市場が開いている時間帯はロンドン市場とニューヨーク市場と時間が重ならない為ロンドン市場やニューヨーク市場に比べて相場が荒れにくくなります。

それでも市場のオープン時間やクローズする時間帯は荒れたりしますので、オープン、クローズ時は避けた方が良いでしょう。

避けるべき時間帯一覧

3大市場(ロンドン・ニューヨーク・東京)が開く時間帯の中でも特に注意すべき時間帯をまとめています。※夏時間、冬時間に分けています。

避けるべき時間帯一覧(夏時間)

8時(東京)経済指標が多い
9時(東京)株式市場開始
9時55分(東京)東京仲値
15時(東京)株式市場終了、オプションカット
16時(ロンドン)株式市場開始
17時(ロンドン)英国経済指標
18時(ロンドン)ユーロ圏経済指標
21時30分(ニューヨーク)経済指標
22時30分(ニューヨーク)株式市場開始
23時(ニューヨーク)経済指標、オプションカット
24時(ロンドン)ロンドンフィックス
24時30分(ロンドン)株式市場終了
5時(ニューヨーク)株式市場終了
6時(ニューヨーク)スワップ金利

避けるべき時間帯一覧(冬時)

8時(東京)経済指標が多い
9時(東京)株式市場開始
9時55分(東京)東京仲値
15時(東京)株式市場終了、オプションカット
17時(ロンドン)株式市場開始
18時(ロンドン)英国経済指標
19時(ロンドン)ユーロ圏経済指標
22時30分(ニューヨーク)経済指標
23時30分(ニューヨーク)株式市場開始
24時(ニューヨーク)経済指標、オプションカット
1時(ロンドン)ロンドンフィックス
1時30分(ロンドン)株式市場終了
6時(ニューヨーク)株式市場終了
7時(ニューヨーク)スワップ金利

3大市場で最も注意すべき点は、経済指標発表の時間帯です。この時間帯は為替が大きく動く事がありますので、事前に確認しておくか投資を避けた方が良いでしょう。

バイナリーオプションでお勧めの取引通貨と時間帯

3大市場

バイナリーオプションで勝つためには取引時間だけでなく取引通貨や市場の特徴も知っておいた方が良いでしょう。ここでは各市場のおすすめ通貨と時間帯、特徴等をまとめています。

ロンドン市場(EUR/USD)

ロンドン市場でのお勧め通貨はEUR/USDになります。

ロンドン市場は世界中のディーラーが参加する一番大きな市場です。その為世界情勢に大きく影響されます。

ヨーロッパなのですが、アメリカの雇用統計の余波を受けたりもします。

ECB(欧州中央銀行)やBOE(Bank of England)などの銀行の発言にも大きく左右されるのでこれら指標が発表される日は注意が必要と言えます。

また、ロンドンフィキシングと呼ばれる金の価格を決める時間が(冬25時、夏24時)ありこの時間は相場が荒れる為、初心者には向かない時間と言われています。

ロンドン市場の特徴

  • 参加者が一番多い
  • 経済指標に大きく反応される
  • 経済指標が発表される
  • トレンドが発生しやすい
  • 順張り向き

ニューヨーク市場(EUR/GBP)

ニューヨーク市場でのお勧め通貨はEUR/GBPになります。

ニューヨーク市場の特徴はロンドン市場とも重なる為、参加者が多くトレンドが発生しやすいと言う事です。

また重要経済指標でもある米雇用統計等も発表されますので、値動きが急激に動く事もあるのもニューヨーク市場の特徴でしょう。

ある程度慣れてくるとニューヨーク市場の様に値動きがある方が予想が付きやすく勝てる様になります。

ただし米雇用統計直後は動きが激しくなる為危険と言えます。

ニューヨーク市場の特徴

  • 市場が大規模
  • ロンドン市場と重なる為、動きが大きい
  • 経済指標が発表される
  • トレンドがいきなり反転する事もある
  • 初心者には難しい

東京市場(USD/JPY)

東京市場でのお勧め通貨はUSD/JPYになります。

日本がブイブイ言わせていたのは過去のお話、残念ではありますが東京市場のシェア率は6%とシンガポール以下となっています。

とくに朝8時より前は取引量が少なくほぼレンジ相場になるので、順張り派の人は取引は避けた方が良いでしょう。逆張り派の方にお勧めの時間帯です。

東京市場がいくら穏やかでも、前日にロンドンやニューヨーク市場が大きく動いた場合、8時を過ぎると大きく動く事があります。

初心者の方は、念のため市場が開く前後30分は取引しない方が良いでしょう。

東京市場で勝ちたい場合は、基本的にロンドンとニューヨークの動きを見ておくことをお勧めします。何もなければ大抵レンジ相場となります。

東京市場の特徴

  • 日本株式と連動しやすく読みやすい
  • 経済指標に対する反応が低い
  • レンジ相場を形成しやすい

まとめ

バイナリーオプションで勝てる時間帯をまとめてみましが、改めて市場の時間帯が重要である事を再認識させられました。

バイナリーオプションの手法は大きく分けると「順張り派」と「逆張り派」にわかれますが、市場の時間帯を知るだけでも勝率が上がる事が分かります。

確かにチャートでの分析も重要なのですが、チャートだけでは経済指標が発表された日には無意味となり勝率を下げてしまいます。

もしあなたが今までチャート分析だけで取引を行っている場合は、この機会に勝てる時間帯を覚えてみてはいかがでしょうか。

覚えるだけで、何故相場が急激に動いたのかが分かりますよ。

不安な方はデモトレードで何度も練習する事をお勧めします。ハイローオーストラリアなら登録不要でいつでも無料で練習できますのでおすすめです。



おすすめバイナリーオプション取引業者

ランク1
ハイローオーストラリア
常に1位を走り続ける
ハイローオーストラリア
基本情報
取引業者ハイローオーストラリア
ペイアウト1.88倍~2.0倍
最低取引金額1000円
最高取引金額200000円

信頼、実績、人気で言えば間違いなく人気No1のハイローオーストラリア!私が知る限りでも2013年以降は常にNo1を走り続けています。高いペイアウト率はもちろん全てにおいての対応が良く、トラブル無用の取引業者となっています。安心して勝ち続けたいならハイローオーストラリアが一番でしょう。

ランク2
ザ・バイナリー!
最も敷居の低い取引業者
THEバイナリー
基本情報
取引業者THEバイナリー
ペイアウト1.65倍~2.05倍
最低取引金額100円
最高取引金額50000円

最低取引金額100円からエントリーできるザ・バイナリー!初めて取引される方で少しでも不安ならザ・バイナリーが一番でしょう。とにかく敷居が低いので初心者の方も安心して取引する事が出来ます。最大ペイアウト率が205%と高くなっていますのでガッツリ稼ぐ事も可能です。

ランク3
ジェットオプション
シンプル操作!JCBも対応
ジェットオプション
基本情報
取引業者JETOPTION
ペイアウト1.70倍~2.02倍
最低取引金額100円
最高取引金額50000円

ジェットオプションの魅力を一言で言えば「シンプル」!操作方法が簡単なのでスマホからの取引も簡単にできる様になっています。クレジットカードの対応が「VISA」、「MASTER」、「JCB」と豊富ですのでほとんどの方が簡単に取引を開始する事が出来ます。キャンペーンも豊富ですので登録して損する事は無いでしょう。

バイナリーオプションランキング

バイナリーオプションランキング

バイナリーオプション攻略法の関連記事