ヘッダー画像

雇用統計でバイナリーオプションを攻略する!波に乗れば勝てるぞ

雇用統計

バイナリーオプションとは為替の流れを読み投資するものなので、為替が大きく動く時に投資すると勝率が上がると言われています。

そして定期的に為替が大きく動くのが「アメリカ合衆国の雇用統計」になります。

その影響力は大きく、この時期を狙って荒稼ぎをしている人も多い様です。

そんな雇用統計とバイナリーオプションの攻略法について解説します。

勝ちたい方は必ずご覧下さい。

米雇用統計とは

アメリカの雇用

米雇用統計とはアメリカ合衆国の雇用情勢を調べた経済指数で「非農業部門雇用者数」と「失業率」等を米国労働省が毎月発表しています。

特に「非農業部門雇用者数」と「失業率」は注目度が高く、経済に大きく影響すると言われています。

実際雇用統計発表直後は、為替が大きく動きます。

米雇用統計はいつ発表されるのか

アメリカの雇用統計は毎月第一金曜日、夏時間(日本時間21:30)、冬時間(日本時間22:30)に発表されます。

※米国サマータイム

夏時間2007年より3月第2日曜日~11月第1日曜日

冬時間2007年より11月第1日曜日~3月第2日曜日

2018年度雇用統計スケジュール

1月5日22:30
2月2日22:30
3月9日22:30
4月6日21:30
5月4日21:30
6月1日21:30
7月6日21:30
8月3日21:30
9月7日21:30
10月5日21:30
11月2日21:30
12月7日22:30

2019年度雇用統計スケジュール

1月4日22:30
2月1日22:30
3月8日22:30
4月5日21:30
5月3日21:30
6月7日21:30
7月5日21:30
8月2日21:30
9月6日21:30
10月4日21:30
11月1日21:30
12月6日22:30

米雇用統計の注目ポイント

雇用統計ポイント

米雇用統計を見るポイントは2つとなっており「非農業部門雇用者数」と「失業率」になっています。特に「非農業部門雇用者数」で大きく為替が変動しますのでバイナリーオプションやFXをされている方は必ず確認した方が良いでしょう。

「非農業部門雇用者数」とは農業を除いた雇用者数の事で、毎月20万人以上の増加がアメリカ経済を支える上で必要と言われています。

ザックリ言えば20万人で上昇、10万人で現状維持、10万人以下で衰退とお考え下さい。もし雇用統計で非農業部門雇用者数が10万人を切っている場合為替が大きく動く可能性が高まります。

「失業率」とは景気の良し悪しの判断になりますが、非農業部門雇用者数程為替に影響は無いと言われています。ただし失業率だけでも為替が動く事も多々ありますので確認は必要です。

米雇用統計を見てバイナリーオプションを攻略する方法

米雇用統計発表後アメリカの経済が良いと判断されればもちろん、為替はドル安(HIGH)へと動き、悪いと判断されれば(LOW)へ動きます。

その為、雇用統計後アメリカ経済に合わせて投資をすれば勝率が上がりますが、最近はそううまくいかない様です。

コチラの動画を参考にさせて頂いていますが、雇用統計後直後はいやらしい動きをする為投資は避けた方が良いでしょう。

実際に雇用統計後に起こった内容をもとに、どうすればバイナリーオプションで勝てるのかを紹介していきます。

※100%勝てる方法ではありませんが、高い確率で勝つ事ができます。

雇用統計直後は投資してはいけない

アメリカの雇用直後

この月非農業部門雇用者数は

予想+18.0万人

結果+11.3万人

と大きく下回りました。

その為一時、円高となっています。

雇用統計とは事前にある程度予想されていますが、その数字と大きくかけ離れた場合、市場が大きく動く可能性があります。

雇用結果が悪ければ、ドルへの不安が高まり、円高になるのは仕方ありません。しかし今後の金融緩和の縮小ペースが加速すると予想された為、最終的には上昇しています。

発表直後は上下の動きが大きすぎる為、特に初心者の方は投資しない方が良いでしょう。

ただし動きが止まってからがチャンスとなります。

短期間で動いた物は必ず反発する

先ほどのグラフを見ても分かる様に急激に下降したグラフは反発し上昇しています。

バイナリーオプションは30秒、15分、1時間等短期勝負が可能ですので、反発を狙って投資すれば高い確率で勝つ事が可能なのです。

では①で投資ていた場合はどうでしょうか?

15分でも1時間でも必ず勝っていたはずです。

どこまで下降するか分からない時点で投資するよりは、①の様にの上がり出してから投資する事をお勧めします。

別名コバンザメと呼ばれるやり方で、カッコよくはないのですが勝ちに拘りたい方はこの方法が一番良いでしょう。

このやり方は雇用統計以外でも使えます。

2018年1月3日の為替

例えば2018年1月3日、為替が急激に動く事件が起こりました。

FXでは強制ロスカットが発生し、多くの人が多額の損失を背負っていますが、この日私はバイナリーオプションで大勝をしています。

1月3日の朝8時前にパソコンを見たらグラフが急下降しており、「これは反発する」と感じていました。実際8時を過ぎる頃には下降が終わり上昇しだしましたので、「HIGH」で投資し大勝したのです。

一時的に4円も動くのはかなりレアケースですが、為替が定期的に動くは間違いな雇用統計直後となっています。

ある意味月一イベントと言える雇用統計直後を逃す理由はありませんね。



おすすめバイナリーオプション取引業者

ランク1
ハイローオーストラリア
常に1位を走り続ける
ハイローオーストラリア
基本情報
取引業者ハイローオーストラリア
ペイアウト1.88倍~2.0倍
最低取引金額1000円
最高取引金額200000円

信頼、実績、人気で言えば間違いなく人気No1のハイローオーストラリア!私が知る限りでも2013年以降は常にNo1を走り続けています。高いペイアウト率はもちろん全てにおいての対応が良く、トラブル無用の取引業者となっています。安心して勝ち続けたいならハイローオーストラリアが一番でしょう。

ランク2
ザ・バイナリー!
最も敷居の低い取引業者
THEバイナリー
基本情報
取引業者THEバイナリー
ペイアウト1.65倍~2.05倍
最低取引金額100円
最高取引金額50000円

最低取引金額100円からエントリーできるザ・バイナリー!初めて取引される方で少しでも不安ならザ・バイナリーが一番でしょう。とにかく敷居が低いので初心者の方も安心して取引する事が出来ます。最大ペイアウト率が205%と高くなっていますのでガッツリ稼ぐ事も可能です。

ランク3
ジェットオプション
シンプル操作!JCBも対応
ジェットオプション
基本情報
取引業者JETOPTION
ペイアウト1.70倍~2.02倍
最低取引金額100円
最高取引金額50000円

ジェットオプションの魅力を一言で言えば「シンプル」!操作方法が簡単なのでスマホからの取引も簡単にできる様になっています。クレジットカードの対応が「VISA」、「MASTER」、「JCB」と豊富ですのでほとんどの方が簡単に取引を開始する事が出来ます。キャンペーンも豊富ですので登録して損する事は無いでしょう。

バイナリーオプションランキング

バイナリーオプションランキング

関連記事