ヘッダー画像

クラウドファンディング評価比較

クラウドファンディング画像1

クラウドファンディングの中でも特に人気の融資型クラウドファンディング会社を評価・比較しランキング形式で紹介しています。

ランキングの基準は以下の様になります。

クラウドファンディングとは今最も注目を集めている投資方法ですので、興味のある方は色々な会社を比較してお選び下さい。

クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額5万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

クラウドクレジットは海外の事業に投資するグローバルなクラウドファンディングの会社です。利回りも14%を超える業界トップクラスの利回りになっており非常に魅力的になっています。案件数も豊富ですので初めての方でも簡単に投資することが出来ます。

オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

オーナーズブックは大人気の不動産案件を扱うクラウドファンディングの会社で利回りこそ低いのですがその安定感から今高評価を得ています。利回りは5%程ですが運用期間は2年くらいの物が多いのでトータルで見ると利益は他のクラウドファンディング業者に負けていません。案件の競争倍率が高いのが難点!

maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。maneoの利回りは若干安めですがその分安心した投資することができますので初心者の方にもお勧めとなっています。

トラストレンディング
基本情報
利回り最大12%以上
投資額10万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

トラストレンディングとはもともと金融コンサルティングやファイナンシャルアドバイザーを手が出ていた企業が開始したクラウドファンディングですので、信頼度が高くなっています。クラウドファンディングの会社に求められる条件を全てみたしていると言っても過言では無いでしょう。

SBIソーシャルレンディング
基本情報
利回り2.0%~6.5%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

知名度と実績だけで言えばSBIグループですので圧倒的No1と言えます。貸し倒れも今までゼロですので言わばノーリスクの投資と言えます。ただ少しだけ難点を言えば利回りが他のクラウドファンディング会社の半分なところです。しかし圧倒的な安定感は安全志向の投資家達からは高評価を得ています。

ラッキーバンク
基本情報
利回り6%~10%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

案件がすぐに売り切れることで有名なラッキーバンク、こちらも大人気の不動産案件を取り扱っており非常に信頼の出来る会社です。利回りも6%~10%台の物が多く投資としてとても魅力的になっています。ラッキーバンクの評価が上がりきれない点はやはり案件の倍率の高さです。本当に数分で完売します。

クラウドバンク
基本情報
利回り5.0%~7.5%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

あの日本クラウド証券が手掛けるクラウドバンク!まず安心度が違います。応募金額も100億円を超えており他のクラウドファンディングの会社より頭一つ出ています。しかし評価が上がらないのはやはり利回りの低さと運用期間の短さでしょう。大きな金額を投資しないとあまり利益が出ません。

スマートエクエイティ
基本情報
利回り5%~
投資額10万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

まだまだこれからと言った感じのスマートエクイティ他のサイトと比較しても分かるようにまだ案件にばらつきがあります。クラウドファンディング自体これから急成長して行きますので今後スマートエクイティが伸びて行くことは大いにあります。まずは様子見と言ったところでしょうか。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングSMAP

クラウドファンディングとは多くの人から少額のお金を集めプロジェクトの実行資金にする新しい資金の流れになります。

最近話題になったクラウドファンディングで言えば、SMAP大応援プロジェクトですね。このプロジェクトでは1万以上もの人から合計で約4000万円集めて、新聞記事一面に「私たちはこれからも応援し続けます」と掲載しました。

4000万円クラスになると他のクラウドファンディングの案件と比較してもトップクラスの金額になりますが、一度火が付くと一気にお金の流れが出来るのもクラウドファンディングの特徴と言えます。

この様に一人の力でなかなかできないことも多くの人が集まり、お金を出し合うことで実現できるのがこのクラウドファンディングなのです。

様々なタイプに分類されるクラウドファンディング

クラウドファンディングとは大きく分類し比較すると「融資型」、「購入型」、「寄付型」に分かれます。これらクラウドファンディングの分類を簡単にまとめていますので、まずはクラウドファンディングの種類をご覧下さい。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は不動産や中小企業等にお金を融資して利回りを得ることになります。保障が無くリスクこそありますが、利回りは最大で14%を超える物もあり、今最も勢いのある投資の一つと言えます。利回りは会社と案件によって大きく異なりますのでしっかりと比較する必要があります。

購入型クラウドファンディング

クラウドファンディング画像3

企業や個人が新しい物を作りたい時にお金を集めて実際に商品を作ります。完全限定生産の物が多いのでかなり面白い商品を購入することが出来ます。物だけではなくオリジナル映画の作成等、購入できるものであればジャンルを問うことは有りません。様々なジャンルのプロジェクトがありますので色々なサイトを比較するだけでも楽しい気持ちのなれます。

>寄付型クラウドファンディング

クラウドファンディング画像4

基本的に誰かを助ける目的で利用されています。「難民に医療を」、「発展途上国に学校を」などの募金になります。プロジェクトによってはお礼のメールや近況報告もありますので誰かの為に何かしたい方は是非ご利用下さい。

クラウドファンディングのジャンルを比較すると

クラウドファンディングをジャンルごとで比較すると今一番人気なのは融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)であることは間違いありません。このソーシャルレンディングも会社ごとに取り扱い案件が異なりますが多くの会社は不動産系の案件を取り扱っています。

この不動産投資ですが利回りが非常に良く多いところでは14%を超えますので、100万円を1年間預けているだけで15万円以上も利回りを得ることが可能になっています。もちろん会社によっては2%台の案件もありますので色々なサイトを比較した方が良いでしょう。

基本的に利回りが低いほど安全度は高いという傾向にあります。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)が今大人気

クラウドファンディング画像5

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)とは「お金を借りたい企業」と「企業に融資したい投資家」をインターネットと通して結びつけるサービスとなっています。インターネットでの運用は費用が低く抑えられますので、借り手には低利息で、投資家には高配当を与えることが出来る為今大人気のお金の流れとなっています。借り手企業と投資家を結びつける役目をしているのがmaneoなどのソーシャルレンディング会社となっています。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)が人気の理由

クラウドファンディング画像6

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)とは「投資が簡単」でしかも「高い利回りを得られる」ことから今大注目を集める投資の一つとなっています。ソーシャルレンディングの投資は投資してただ待つ、それだけですのでハッキリいって誰でもできるのです。利回りも高い案件では10%を超えますので、資産運用としても非常に優れています。簡単でしかも高利回りを得られる為、投資が初めての方はもちろん、投資上級者の方からも今注目を集め人気となっています。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のメリット

クラウドファンディング画像7

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の最大のメリットは高い利回りでしょう。利回りは会社によって異なりますが比較すると5%~10%の間で行っている案件がほとんどです。この利回りは資産運用としても十分なものと言えます。仮に銀行で預けた場合0.03%程ですから何百倍もの利回りを手に入れることができるのです。その為多くの方が資産運用としてこの融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)を利用しています

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のデメリット

クラウドファンディング画像8

融資型のクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は高いところで年14%以上もの利回りを得ることが出来ます。ただ必ずプラスになるとは限りませんのご注意下さい。

実は融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の最大のデメリットは「貸し倒れ」です。融資した会社が貸し倒れを起こせば投資した金額が戻ってここない可能性がありますので注意は必要です。

しかしここ数年で言えばどの融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業者も貸し倒れを起こしていませんので比較的安心して投資することが出来ます。貸し倒れの発生率は1%未満となっていますので他の投資に比べれば非常に安全な数字と言えます。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の税金について

クラウドファンディング画像9

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)では得た利益に対して税金が発生します。ソーシャルレンディングの所得とは雑所得になっていますので給料との合計金額で税が決まる様になります。当たり前ではありますが給料が高い人ほど多く税金をもっていかれます。

ここではざっくりと説明しますが、年収+ソーシャルレンディングでの所得の合計が330万円以内であれば税金は20%で695万円以下ならば税金は30%になります(住民税込み)。ソーシャルレンディングをしている人の多くは20%~30%程税金でとられますのでそこも計算した上で投資をすることをお勧めします。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)会社の役割

クラウドファンディング画像10

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の会社と言えば「maneo」、「ラッキーバンク」、「オーナーズブック」、「SBIソーシャルレンディング」等がありますが、それら融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)会社の役割は投資家から集めた資金を企業に融資し、企業から返済された資金と利息を投資家に返済する役割を果たしていますので簡単に言えば「貸金業」になります。その為各社貸金業に必要なライセンスを取得していますので間違ってもライセンスを持たない会社にだけは投資をしない様ご注意下さい。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)投資家のメリット

クラウドファンディング画像11

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)はインターネットと通して数多くの人が企業に投資できる様になっていますので、投資をする金額が低く設定されています。今まで企業への投資は一人が何百万円も何千万円も投資をしないと始まりませんでしたが、今は少額での投資が可能となり1万円から投資出来る会社も増えて来ています

少額で投資できると言うことはリスクを最小限に抑えることができ投資家からすると大きなメリットになっています。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)企業側のメリット

クラウドファンディング画像12

なぜ企業は銀行からお金を借りずにあえてソーシャルレンディングを利用して借りるのか?それは銀行が貸してくれないからです。ソーシャルレンディングの運用期間を平均すると約1年になることが分かります。しかし最近の銀行は審査が厳し特に短期間での貨仕入れはしてくれ無い現状があります。

短期的にお金を借りたい、数カ月で十分に返せる見込みがあるが銀行が貸してくれない場合、企業はソーシャルレンディングをし資金を調達しています。企業側からすれば銀行より資金調達がしやすいソーシャルレンディングは非常にメリットがある存在だと言えます。

クラウドファンディングの市場規模は大きくなる

クラウドファンディングのポテンシャル

ここ数年でクラウドファンディングの市場規模は確実に大きくなっています。特に融資型のクラウドファンディングに関しては2016年時点で400億円市場となっておりその規模はさらに大きくなると予測されます。またクラウドファンディングのポテンシャルは今の100倍あると言われています。

融資型、投資型、購入型、寄付型それぞれのクラウドファンディングが軒並み市場規模を拡大させていますので、クラウドファンディングと言う言葉が当たり前の様に使われる日はそう遠くは無いと思います。

クラウドファンディング全体でのリスクについて

クラウドファンディング画像14

クラウドファンディングを大きく分けると「融資型」、「購入型」、「寄付型」に分かれます。実はそれぞれのタイプ事にデメリットがありますので、デメリットについては先に知っておいた方が良いでしょう。

「融資型」のデメリット:貸し倒れが起きた際に投資した金額が戻ってこない。

「購入型」のデメリット:低品質な商品が届く場合がある。

「寄付型」のデメリット:詐欺師に騙されている可能性がある。

代表的なクラウドファンディング

日本の代表的なクラウドファンディング会社を紹介しています。「融資型」、「購入型」、「寄付型」に分けその中でも特に評価の高い会社を紹介していますので、興味のあるサイトがございましたら是非一度ご覧ください。

オーナーズブック(融資型クラウドファンディング)高評価!

オーナーズブック

不動産案件を多く扱うオーナーズブック、利回りこそ低めに設定されていますが評価の方は高く案件もスグに完売してしまいます。ただ運用期間は長く設定されていますのでトータルで得られ利回りは他のサイトに負けていません。初めて投資される方にもお勧めのサイトです。

ラッキーバンク(融資型クラウドファンディング)

ラッキーバンク

案件の完売がわずか数分と案件の獲得が難しい大人気のラッキーバンク!評価そのものは高いのですが、案件数の少なさがネックスでそこだけが評価を下げていますが、人気の不動産案件でしかも利回りは6%~10%と高利回りになっています。

SBIソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングとはSBIが運営するサービスですの安心感は国内No1と言えるでしょう。貸し倒れ件数もゼロとなっていますので初めて投資される方にもピッタリと言えます。ただ利回りの他のサイトの約半分となっておりそこだけが評価を下げています。

CROSSクラウドファンディング(購入型クラウドファンディング)高評価!

CROSSクラウドファンディング

オリジナルのアニメグッズのプロジェクトに参加し購入されたい方はCROSSクラウドファンディングがお勧めになっています。アニメグッズのプロジェクトでは一番評価の高いサイトだと思います。まずは公式ホームページをご覧ください。

Ready for(購入型クラウドファンディング)(寄付型) 高評価!

Ready for

地域の為に世界の為に何か役に立つプロジェクトに参加されたい方にお勧めなのがReady forです。Ready forの主なプロジェクトは本当に誰かの役に立つものばかりですので、誰かの為に何かされたい方は進んでプロジェクトにご参加下さい。

makuake(購入型クラウドファンディング)

Ready for

様々なプロジェクトに参加できるmakuake!斬新な商品の購入から、オリジナルの映画の作成まで幅広いプロジェクトが存在します。人とは違う商品を購入されたい方は一度makuakeのホームページをご覧ください。きっとワクワクしますよ。

CAMPFIRE(購入型クラウドファンディング)

CAMPFIRE

奥さんに作るキーマカレーが美味しすぎるのでレトルトにしてみんなの届けたい!など型に縛られることがない自由なプロジェクトが多いCAMPFIRE!プロジェクトを確認するだけでも面白いサイトになっています。コチラのサイトもワクワクします。

A-port(寄付型クラウドファンディング)高評価!

A-port

ガン患者への支援やパラスポーツへの支援等様々なことに支援が出来るA-port!最近ではSMAPの応援プロジェクトに12800人が支援したことでも話題になっています。今の国の現状が見えてきますのでサイトだけでも見ておくことをお勧めします。

JAPANGIVING(寄付型クラウドファンディング)

JAPANGIVING

SEKAI NO OWARI 動物殺処分ゼロプロジェクトなど有名人も利用する完全寄付型のクラウドファンディングのJAPANGIVING、国内・海外問わず様々な問題に対して支援をすることが出来ます。誰かの為になりたい方にお勧めです。