ヘッダー画像

バイナリーオプションで勝率を上げたければローソク足で攻略せよ!

バイナリーオプションにおいて、ローソク足を理解することはとっても重要であり基礎中の基礎です。

ローソク足の基礎がしっかりしていないとバイナリーオプションで勝つ確率を上げることはできません。

いかにローソク足を読み取るかによって、流れを瞬時に読み解き成果も上げることができます。

今回はローソク足の基本的な知識から応用知識までしっかり解説していきます。

ローソク足の基礎

ローソク足とは日本の代表的なチャートの一つで、チャートを分析するための基礎中の基礎です。

とってもシンプルなローソク足ですが、事細かに見ていくことでバイナリーオプションを生き抜くための重要な情報が盛り込まれています。

バイナリーオプションでは為替チャートのほとんどがラインで表示されているため、どちらにトレードすればよいのか判断がつきません。

ラインで判断をしてしまえば、確実に負けになること間違いないでしょう。

そこで役立つのがローソク足です。

まずは基本的なローソク足について解説しますので見ていきましょう。

ローソク足には

  • 陽線
  • 陰線

の2種類があります。

  • 始値(はじめね):相場が始まった時の価格
  • 高値(たかね):期間中の高値
  • 安値(やすね):期間中の安値
  • 終値(おわりね):相場が終わったときの価格

このような状況や期間によって、ローソク足は様々な形に変化するんです。

ローソク足の長さは相場の変動幅を示唆しています。

簡単に説明すると赤や青で色付けされている部分が「実体」と呼ばれていて、実体から飛び出している棒が「ヒゲ」です。

これを全部含めてローソク足といいます。

陽線

実体が赤色の場合は値上がりした時に赤くなって上昇します。

米ドル円のチャートの場合、陽線では買われている通貨が「米ドル」、売られている通貨は「円」です。

陰線

逆に実体が青色の場合は値下がりした時に青くなて下落します。

陰線は買われている通貨が「円」、売られている通貨は「米ドル」です。

ヒゲ

始値や終値よりも高値が高かった場合か、安値よりも低かった場合に上に伸びたり下に伸びたりするものです。

その他にも、左から

  • 大陽線・大陰線
  • 小陽線・小陰線
  • 上影陽線・上影陰線
  • 下陰陽線・下影陰線
  • 十字足

の5つあります。

基本的なローソク足には「相場の強さ(弱さ)」や「相場の転換を示すもの」、「保ち合いが続くシグナル」など、様々な形が存在していて意味も様々です。

5つのローソク足応用編

ローソク足にどのような意味があるのかなどもちろん知る必要がありますが、どこでローソク足が出現したかも重要です。

天井圏なのか、それとも低値圏で出現したのかによって、ローソク足の意味合いが全く逆になってしまうパターンもあります。

そのためには、基礎のローソク足をベースに更に事細かくした応用形のローソク足が必要なんです。

大事なのは形をしっかり理解することです。

このローソク足の応用形は今現在の相場の勢力を教えてくれます。

バイナリーオプションでトレードする時、「HIGH」と「LOW」どちらの勢力が強いのかを示唆する手がかりにもなってくれるんです。

ローソク足:陽線

基本形:大陽線系

  • ニックネーム:陽の丸坊主
  • 形状:ヒゲがまったくない大陽線
  • シグナル:買いの勢いが「一方的」に強い

  • ニックネーム:陽の寄付き坊主
  • 形状:下ヒゲがない大陽線
  • シグナル:買いの勢いが強い

  • ニックネーム:陽の大引け坊主
  • 形状:上ヒゲのない大陽線
  • シグナル:買いの勢いが強く、今後も上昇か

基本形:小陽線系

  • ニックネーム:コマ(陽の極線)
  • 形状:実体もヒゲも極めて短い陽線
  • シグナル:相場が迷い、保ち合っている

基本形:下影陽線系

  • ニックネーム:カラカサ(陽線)
  • 形状:短い実体に長い下ヒゲがつく陽線(上ヒゲなし)
  • シグナル:「底値圏」で出たら上昇へ転換の可能性大

基本形:上影陽線形

  • ニックネーム:トンカチ(陽線)
  • 形状:短い実体が長い上ヒゲにつく(下ヒゲなし)
  • シグナル:「天井圏」で出れば下落への転換の可能性大

基本形:寄引同事線系

  • ニックネーム:トンボ
  • 形状:下ヒゲが長い寄引同事線
  • シグナル:相場の転換期を示唆

  • ニックネーム:トウバ(塔婆)
  • 形状:下ヒゲがない寄引同事線
  • シグナル:相場の1つが終了し、この後転換か保ち合いへ

ローソク足:陰線

基本形:大陰線系

  • ニックネーム:陰の丸坊主
  • 形状:ヒゲがまったくない大陰線
  • シグナル:売りの勢力が「一方的」に強い

  • ニックネーム:陰の寄付き坊主
  • 形状:上ヒゲのない大陰線
  • シグナル:売りの勢力が強い

  • ニックネーム:陰の大引け坊主
  • 形状:下ヒゲのない大陰線
  • シグナル:売り勢力が強く、今後も下落か

基本形:小陰線系

  • ニックネーム:コマ(陰の極線)
  • 形状:実体もヒゲも極めて短い陰線
  • シグナル:相場が迷い、保ち合っている

基本形:下影陰線系

  • ニックネーム:カラカサ(陰線)
  • 形状:短い実体に長い下ヒゲがつく陰線(上ヒゲなし)
  • シグナル:「底値圏」で出たら上昇へ転換の可能性大

基本形:上影陰線系

  • ニックネーム:トンカチ(陰線)
  • 形状:短い実体に長い上ヒゲがつく(下ヒゲなし)
  • シグナル:「天井圏」で出たれば下落へ転換の可能性大

基本形:寄引同事線系

  • ニックネーム:寄せ線(足長同事線)
  • 形状:上ヒゲと下ヒゲがほぼ同じ長さの寄引同事線系
  • シグナル:売りの勢力と買いの勢力が激しい攻防をしている。相場の転換期を示唆

  • ニックネーム:4値同事足
  • 形状:四本値がすべて同じで、実体もヒゲもない寄引同事線系
  • シグナル:相場が動いていない状態だが、動き出せば新しい相場へ

大事なのはこれまで説明した16個のローソク足の形について、しっかり理解することです。

暗記するほどでもありませんが、イメージを頭の中に入れておきましょう。

ローソク足のまとめ

上昇や下降トレンドのように、いつまでもトレンドが続くわけでもなく、嵐のように突然流れが変わります。

その時こそ、ローソク足の分析で見極めることが重要になってくるんです。

これは安定したトレードを長く続けることができると言っても過言ではありません。

例えば、十字足(寄引同事線系)や小陽線や小陰線が続くようであれば、相場が保ち合いになる可能性があります。

その時に、ローソク足の応用形を知っておけば、これはこうだから...と転換点を待ち構えることもできますよね。

そこで、下がってきたところで下ヒゲの長い下影陽線系か下影陰線系が出たのであれば、買いつまりバイナリーオプションでいう「HIGH」の圧力が高まってきたことになります。

または、底打ちの可能性など、様々な判断をすることができるんです。このように多種多様な考え方ができるので、覚えておいて損はないでしょう。

おすすめのバイナリーオプション取引業者

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

取引業者ハイローオーストラリア
ペイアウト1.88倍~2.0倍
開始時間月曜日午前7時
終了時間土曜日午前6時
取引通貨17種類
最低取引金額1000円
最高取引金額200000円
口座開設即日

››ハイローオーストラリアの公式サイトはコチラ

ザ・オプション

ザ・オプション

取引業者ザ・オプション
ペイアウト率1.82倍~2.0倍
開始時間月曜日午前8時
終了時間土曜日午前6時
取引通貨14種類
最小取引金額1000円
最大取引金額5万円
口座開設最短1日~2日

››ザ・オプションの公式サイトはコチラ