ヘッダー画像

バイナリーオプションをグランビルの法則で攻略!図を使って徹底解説

ブランビル1

グランビルの法則とはローソク足と移動平均線の位置から、エントリーのタイミングを見ていく分析法で、アメリカの著名な投資分析家であるジョセフ・E・グランビル氏が考案しました。

もともとFXで活躍している分析方法ですが、バイナリーオプションでも活用することができます。

この手法は1960年に出版された著書の中で発表され、50年近く経っているのにもかかわらず現役バリバリの攻略方です。

ではさっそく、グランビルの法則によるバイナリーオプションの攻略法について解説していきます。

グランビルの法則の8つのパターンを紹介

ブランビル2

グランビルの法則は移動平均線を基準に買いのポイントが4つ、売りのポイントが4つの計8つあります。

グランビルの法則は

  • ローソク足
  • 移動平均線

この2つを用いて売買シグナルを見つけ出します。

ローソク足と移動平均線の動きを分析することで買い場と売り場を探す手がかりを探すことができるんです。

買い場や売り場と言っても、バイナリーオプションの場合は「HIGH」か「LOW」のようになります。

エントリーが簡単なのであまり難しく考えず

  • 買い場なら「HIGH」
  • 売り場なら「LOW」

このように思っていただいてOKです。

それではHIGHとLOWのポイントを詳しく見ていきましょう。

グランビルの法則「4つの買い時(HIGH)ポイント」

ブランビル3

買いポイント①

移動平均線が下落後に横に移動しているか上昇中にある場合、ローソク足が移動平均線を下から上にクロスします。

これは上昇トレンドへの転換を表しています。移動平均線を超えるとローソク足は越えた方向に向かいやすくなるんです。

しかし、移動平均線が上昇傾向にあるか、横ばいになる局面に限ります。下に移動平均線が下がった時は売りのサインになるので注意が必要です。

買いポイント②

上昇途中で一時的にローソク足が移動平均線を下回った時、上昇トレンドのなかでも買いポイントになることを表しています。

一旦下に下落して反転した後に上昇する形です。移動平均線を越えてから買ってもらってもいいですし、短時間であれば反転したところを見計らって買うと良いと思います。ですが、移動平均線が下に抜けたからとすぐに買ってはいけません。

一番安全圏なのは上昇して移動平均線を越えてからです。

買いポイント③

大きく上昇した後必ず反発が起きて下落していきます。そこから移動平均線に触れないでまた上昇したものが③です。移動平均線を超えずにまた上昇していきます。急上昇からの反発から下落するだろうと思うのは危険です。ここで気を抜かず、移動平均線に触れるかを確認します。触れずに上昇すれば買いのサインにです。

買いポイント④

大きく下落すれば、いずれ戻るからという回帰性を狙ったポイントが④になります。移動平均線よりも下げすぎたから修正しようとした動きです。ですが、戻らない可能性もあるので注意が必要になります。トレンドに逆らってしまうことになるのでおすすめはできません。

グランビルの法則「4つの売り時(LOW)ポイント」

ブランビル4

売りポイント①

買いシグナルと全く逆になります。移動平均線が下がってるか水平になっておるところを下に貫いたら売りのサインになります。これは下降トレンドへの転換を表すシグナルです。注意してほしいのは移動平均線が上昇中の場合は、むしろ上昇するサインになるので注意してください。

売りポイント②

買いのシグナルとは全く逆のパターンで一度ローソク足が移動平均線を越えて、また下がって移動平均線より下回れば売りポイントになります。

売りポイント③

大きく下落した後の反発で再び上昇したけど、移動平均線に触れずに下降したときが売りのポイントになります。

売りポイント④

買いシグナルと全く同じ理由でおすすめできません。下に下がったからと判断を誤ってしまうと危険です。下にそのまま下る可能性もあれば、横ばいにローソク足が移動する可能性もあるので油断ができません。初心者の方がこの場面でエントリーするのは避けたほうが得策です。

実際に為替チャートを見ながら分析

これまでグランビルの法則を基礎をわかりやすく説明しました。

ある程度「HIGH」のポイントと「LOW」のポイントについてわかったと思います。

これらを踏まえて実際に為替を見ながらグランビルの法則を使って分析していこうと思います。

バイナリーオプションの場合、短期間での取引が多いのでローソク足の表示や移動平均線は自分が見つけやすい設定にしておいてください。

今回はローソク足を60分に設定して、移動平均線(ピンク色)を20日に設定しています。

中期は20日のところもあれば21日や25日と、人それぞれなのでこちらは分析しやすいほうで大丈夫です。

ではグランビルの法則を使って分析していきましょう。

買いシグナルが現れているチャート

ブランビル6

左の灰色の丸は①のような現象が起きています。

そのあと下落して右の丸の付近で③の現象が起きていて、グランビルの法則に近い形ができあがっています。

ピンク色の移動平均線も緩やかに上昇しているので買いのサインと言っていいでしょう。

売りシグナルが現れているチャート

ブランビル5

灰色の丸がついているポイントがLOWすなわち売りのポイントになります。

赤丸の部分が上に伸びていますが、上昇だからこれは売りだなーと思った方は要注意です。

移動平均線より下に行くこと無く、横ばいに伸びています。

これが④の怖いところなんです。

逆にその後に起こる降下トレンドはまさしく売り場ですね。

グランビルの法則は8個もポイントがあるのでどれかは必ず見つかります。

この法則は移動平均線の基礎中の基礎なので覚えておけば、役立つものばかりです。

おすすめのバイナリーオプション取引業者

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

取引業者ハイローオーストラリア
ペイアウト1.88倍~2.0倍
開始時間月曜日午前7時
終了時間土曜日午前6時
取引通貨17種類
最低取引金額1000円
最高取引金額200000円
口座開設即日

››ハイローオーストラリアの公式サイトはコチラ

ザ・オプション

ザ・オプション

取引業者ザ・オプション
ペイアウト率1.82倍~2.0倍
開始時間月曜日午前8時
終了時間土曜日午前6時
取引通貨14種類
最小取引金額1000円
最大取引金額5万円
口座開設最短1日~2日

››ザ・オプションの公式サイトはコチラ