ヘッダー画像

結局ソーシャルレンディングって安全なの?

安全なソーシャルレンディング会社は存在するのか

ソーシャルレンディングの安全1

2017年の3月に最も世間を騒がせたのが「みんなのクレジットの行政処分」です。NHKのニュースでも流れソーシャルレンディング全体のイメージを悪くさせました。

しかしどんな業界でも残念な会社は混ざっています。そしてソーシャルレンディングの中の残念さんがみんなのクレジットだったのです。

ソーシャルレンディング会社は悪いことはできない

みんなのクレジットの行政処分から解る様に、残念な会社は金融庁というスーパーヒーローが成敗してくれます。またこの金融庁は過去にも多くのソーシャルレンディング会社に突撃訪問を行い、残念な会社で無いかチェックをしています。

なので極論を言えば過去に金融庁の検査が入り問題無い会社は比較的安全だと言えるのです。その為ソーシャルレンディングを安全に活用したい方はあえて金融庁の検査済である会社を選ぶことをお勧めします。

安全策は検査済ORバックアップ

ソーシャルレンディングの安全3

過去に金融庁検査を受けている会社と言えば「maneo」や「クラウドバンク」があります。クラウドバンクは顧客管理が出来ていなかったようで3ヶ月の処分を受けていますが、今はしっかりと改善し正常に運用しています。maneoは検査の際に何も処分を受けていませんので健全な会社だと言えます。

確かにクラウドバンクは顧客の管理ができていなかったのですが、みんなのクレジットの様にひどい内容ではなかったのです。まだ金融庁の検査が入っていない会社は申し訳ないのですがみんなのクレジットの様なリスクがあると言えます。特に安全に投資をしたい方はあえて過去に金融庁検査を受けている会社をお選び下さい。

またバックアップも重要になります。例えば「クラウドクレジット」はあの大手総合商社の「伊藤忠商事」が株主となっています。伊藤忠商事はみずほグループの大手総合商社ですので間違っても詐欺会社の株主になることはないでしょう。

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

結局どの会社が信頼できるのか

ソーシャルレンディングの安全4

ソーシャルレンディングで安全を求めるなら金融庁のチェック済もしくはバックアップが重要になります。やはり今のソーシャルレンディング会社で信頼できるのは「クラウドクレジット」と「maneo」になると思います。

クラウドクレジットがもしみんなのクレジットの様な残念な会社であれば伊藤忠商事自身の信用問題になります。maneoも金融庁の検査済でさらに業界トップの利用数を誇りますのでまず信頼して問題は無いでしょう。

もし初めてソーシャルレンディングをされる方は「クラウドクレジット」もしくは「maneo」が一番でしょう。特にクラウドクレジットは利回りが高く投資として非常に魅力的になっていますのでお勧めです。

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

クラウドファンディング関連記事