ヘッダー画像

クラウドファンディング市場規模は今後100倍以上になる

市場規模1

クラウドファンディングはここ数年で急成長を遂げています。その勢いはまだまだ続くとみられ市場規模は今後100倍を超えると言われています。

クラウドファンディングには大きく分けると4つのタイプに分かれます。タイプごとによって市場規模はことなりますのでまずはタイプごとの市場規模をご覧下さい。

※データは矢野経済研究所のホームページより参照

購入型クラウドファンディングの市場規模

購入型のクラウドファンディングの市場規模は32億円となっています。データはあくまでも2015年のデータですの市場規模はさらに大きくなっています。実際に2016年度は58億円になると見込まれています。(81%UP)

購入型のクラウドファンディングのサイトはいつもにぎわっており多くの方がオリジナル商品を求めてプロジェクトに参加しています。

評価の高い購入型クラウドファンディング会社

CROSSクラウドファンディング(購入型)

CROSSクラウドファンディング

オリジナルのアニメグッズのプロジェクトに参加し購入されたい方はCROSSクラウドファンディングがお勧めになっています。アニメグッズのプロジェクトでは一番評価の高いサイトだと思います。まずは公式ホームページをご覧ください。CROSSクラウドファンディング

CAMPFIRE(購入型)

CAMPFIRE

奥さんに作るキーマカレーが美味しすぎるのでレトルトにしてみんなの届けたい!など型に縛られることがない自由なプロジェクトが多いCAMPFIRE!プロジェクトを確認するだけでも面白いサイトになっています。コチラのサイトもワクワクします。CAMPFIRE

寄付型クラウドファンディングの市場規模

寄付型のクラウドファンディングの市場規模は1億円となっています。こちらも知名度が上がった為市場規模は1億円以上であることは間違いありません。実際に2016年度の市場規模は4億円になると見込まれています。(300%UP)

readyforやA-portと言った寄付型のクラウドファンディングサイトを見ていると解るのですが寄付の金額が何百万円以上も集めているプロジェクトが沢山あります。

寄付型のクラウドファンディングがこの日本で定着すれば多くの人が救われるので、個人的には一番規模が伸びて欲しいクラウドファンディングのタイプとなっています。

評価の高い寄付型クラウドファンディング会社

Ready for(購入型)(寄付型)

Ready for

地域の為に世界の為に何か役に立つプロジェクトに参加されたい方にお勧めなのがReady forです。Ready forの主なプロジェクトは本当に誰かの役に立つものばかりですので、誰かの為に何かされたい方は進んでプロジェクトにご参加下さい。Ready for

A-port(寄付型)

A-port

ガン患者への支援やパラスポーツへの支援等様々なことに支援が出来るA-port!最近ではSMAPの応援プロジェクトに12800人が支援したことでも話題になっています。今の国の現状が見えてきますのでサイトだけでも見ておくことをお勧めします。A-port

投資型クラウドファンディングの市場規模

投資型のクラウドファンディングはサイト数が少ないこともあり、その市場規模は6億円となっていますが、2016年度では10億円になると見込まれています。(66%UP)

投資型のクラウドファンディングに興味のある方はクラウドクレジットがお勧めになります。発展途上国への投資がメインになっており、リスクこそありますがその分リターンも大きくなっています。

評価の高い投資型クラウドファンディング会社

クラウドクレジット(投資型)

Ready for

国内のクラウドファンディングで珍しい投資型の会社になっています。主に先進国への投資となっておりチリやカメルーンなどへの投資を募集しています。利回りも10%を超える物が多く上級者向けのサイトになっています。クラウドクレジット

融資型クラウドファンディングの市場規模

融資型クラウドクレジットはクラウドファンディングの中でも大多数をしめており、クラウドファンディング=融資型と言っても過言ではないのでしょうか。

その市場規模は322億円となっており寄付型の1億円と比べると322倍もの差をつけています。2016年度は404億円となると見込まれ今後も伸び続けると予測されます。(25%UP)

融資型のクラウドファンディングとはソーシャルレンディングとも呼ばれておりその多くが不動産関係の案件を取り扱っております。利回りも多いところで14%を超える物もあり多くの投資から注目を集めています。

クラウドファンディングのポテンシャルは今の100倍はある

ポテンシャル

マイナビニュースを読んでいるとクラウドファンディングのついて書かれているページがあったの少し紹介します。

この記事の中で購入型のクラウドファンディングの「アッパーポテンシャルは100倍」と書かれていました。実際に購入型のクラウドファンディングは有名企業も実際に使っており市場調査としても活用されています。

要は購入型クラウドファンディングで売れる商品=市場でも売れると言った感じで企業が新しいアイディアを日々公開しているのです。

現在の購入型クラウドファンディングの市場規模は50億円ですので100倍となると5000億円と言うことになりますが、仮にすべての企業が商品開発=クラウドファンディングでと言った流れになれば100倍なら軽く超す数字だと言えます。

今後さらに市場規模を拡大してゆくクラウドファンディングですのでその波に乗り遅れないためにも今の内にクラウドファンディングを知っておいた方が良いでしょう。

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

クラウドファンディング関連記事