ヘッダー画像

要注意!初心者はFUNDINNOで未公開株を購入するな

fun

FUNDINNOとは

今日何気にクラウドクレジットと検索してみるとgoogleの上の広告に「【Fundinno】最新FinTech革命-クラウドファンディングサービス-fundinno.com」と題して広告が掲載されていました。

「新しいクラウドファンディングの会社が追加されたのかな?」気になったのでちょっと覗いて見たのですが久しぶりの衝撃を受けたのです。

株式型のクラウドファンディング!噂には聞いていましたが本当にやっていたなんて・・・

私に融資型クラウドファンディングを教えてくれた友人も「お前は間違っても株式型のクラウドファンディングには手を出すな」と言っていました。

そして今日その株式型クラウドクレジットのFundinnoを現実に見てしまったのです。

Fundinnoは投資ではないギャンブルだ

Fundinnoとは早い話は未公開株の公募をしている会社です。Fundinnoは今後上場するであろう会社と投資家を結び付け仲介手数料を得ています。

注目すべきは未公開株と言う点であり、未公開株とは上場すると言う保証は一切なく上場しない限りただの紙切れと同じなのです。

未公開株ではないのですが少し似た投資方法としてIPO(新規公開株)があります。

IPOに関してはコチラをご覧ください。

IPOとは上場がほぼ決まっている企業の株を購入する投資方法でSBI証券や岡三証券などと言った日本を代表する証券会社が抽選で販売しています。

IPOの勝率は2016年度89%となっており上場後3倍~5倍になることもあるので非常に人気の投資と言えます。

確かにIPOならお勧めすることができますが、上場が決まっていない企業への投資は危険と言わざるを得ません。しかもFundinnoが募集している会社がまた微妙なのです。

Fundinnoが募集をかけたBank Invoice

Fundinnoが募集をかけたBank Invoiceと言う会社は確かに上場を目指している会社です。目標は2020年にIPOを目指しており、2021年には6.1億円の売り上げを目指している様です。

しかし現状はどうでしょうか?2016年度は赤字、2017年度も赤字の予定では2018年度からようやく黒字の会社となっています。そして今回未公開株発行として500万円の調達をしています。

あまり言うと印象が悪くなるのですが500万円が今必要な会社が上場できるのでしょうか?かなり不安がよぎります。

実際この500万円はすでに調達されていますので期待はされていると思います。ただし個人的にはこの様なギャンブルには手を出したくはありません。

そもそも未公開株自体が怪しい

グーグルで未公開株とすると

①未公開株 - Wikipedia

②未公開株購入の勧誘にご注意!~一般投資家への注意喚起~ : 金融庁

の順番に表示されます。1位のwikipedaは納得ですが、2位の金融庁のホームページがやはり気になります。実際未公開株自体がトラブルだらけですので注意は必要です。

実は未公開株とはプロが投資しても10社に3社上場すれば成功と言われていますのでかなり勝率の低い投資(ギャンブル)と言えます。ただし大手企業の未公開株であれば何十倍、何百倍に上がる可能性は確かにあります。

しかしBank Invoiceにそれだけのポテンシャルがあるかと言うとかなり不明です。私の勝手な予想ですが良くて数倍の世界だと思います。それならばIPOで投資した方が良いのは明確です。

株式型クラウドファンディングとはこの数年で見たどの投資よりリスクの高いものだと私は思っています。

だったら融資型クラウドファンディングかIPOが良い

根がギャンブラーではない限りFundinnoは利用しない方が良いでしょう。Fundinnoより確実にIPOの方が信頼できます。あなたはFundinnoとSBI証券どちらが信頼できますか?

また同じクラウドファンディングでしたら融資型のクラウドファンディングの方が圧倒的にリスクは低くなっていますのでお勧めです。確かに何倍も何十倍も利益を増やすことはできませんが年に多くて10%程の利回りを得ることができますので投資としては十分だと思います。

もしFundinnoの広告を見てこのページを見た方はもう一度だけ考えてみて下さい。Fundinnoとは未公開株を取り扱っていることを・・・そして未公開株自体がリスクの塊だと言う事を・・・

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

クラウドファンディング関連記事