ヘッダー画像

ご確認ください!クラウドクレジットの貸し倒れ

クラウドクレジットの貸し倒れ

クラウドクレジットとは現時点で貸し倒れを起こしていない優良企業であることは間違いありません。しかし必ずしも安全とは言えないのです。

その為まず確認して頂きたいものがあります。

それが期待リターンマップです。

期待リターンマップとはクラウドクレジットが今までに募集してきた案件のリターン期待値が解りやすく表示されたものになっています。

このリターンマップを見ればどの案件が危険かが解りますので、結果貸し倒れ回避を行うことが可能になっています。

実はクラウドクレジットの案件の中には実際に貸し倒れが起る可能性がある案件が存在します。今回はそんなクラウドクレジットの危険に迫りたいと思います。

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

クラウドクレジットで貸し倒れが起る可能性がある案件

まずは2017年4月分の期待リターンマップをご覧下さい。

期待リターンマップ

一つだけ悲しい顔のマークがあるのが解るでしょうか?この悲しい顔のマークはファンドの期待リターンはファンド販売時のものより低下し、最終損益がマイナスになる可能性があると考えております。となっています。

現状クラウドクレジットとは様々なリスク回避を行っており、仮にマイナスになっても被害は最小になると考えられますが危険な案件であることは間違いありません。

その為今クラウドクレジットで一番貸し倒れが近いのがこの案件になります。ではクラウドクレジットで危険な案件とはどの様な物でしょうか?

クラウドクレジットで最も危険な案件

2017年4月の時点で最も危険で貸し倒れに近い案件は欧州3ヶ国向けローン・ファンド(ハイイールド型、為替ヘッジあり/無し)となっています。

実はクラウドクレジットとはリスクの高い案件に対してハイイールド型などとしっかり表記と行っています。

ハイイールド型とは利回りが高く、信用各付けが低い債権の事でジャンク債とも言われています。逆に言えばそれ以外の案件はほぼ正常に運営されており信頼性は高くなっています。

もしクラウドクレジットで貸し倒れの被害を受けたくない場合は、ハイイールド型の案件には手を出さないで下さい。どう考えてもクラウドクレジットで貸し倒れが起るならこのハイイールド型だと考えられます。

期待リターンマップは必ず確認しよう

クラウドクレジットの公式ページでの中には期待リターンマップが確認できるページがあります。

①上部メニューよりファンド情報を選択します。

②運用報告をクリックします。

③期待リターンマップのタブをクリックします。

クラウドクレジットの安全性を確認したい場合は必ずこの期待リターンマップを確認しましょう。この期待リターンマップで今どの案件が危険なのかが人目で解ります。

クラウドクレジットは基本的に同じ会社に何度も投資をしていますので、一度安全が確認できている案件は次も安全である可能性が高いです。

しかし初めからハイイールド型やハイリスクなどの文字がある案件はかなり危険であることは確かなので投資自体しないことをお勧めします。

クラウドクレジットで貸し倒れは起きにくい

クラウドクレジットとは確かにリスクが高い案件があることは確かです。実際に遅延も起こしていますので、リスクが高い会社と言えます。

しかし今現状では貸し倒れを一件も起こしていません。実はクラウドクレジットとは様々なリスク回避方法を行っており、リスクの割りに貸し倒れが起る可能性は低くなっています。

例えばクラウドクレジットは小口分散と呼ばれるリスク回避方法を行っています。この小口分散とは集めたお金を多くの人に投資して、分散させる方法です。もし投資した人の1人が貸し倒れをおこしても他の人からの利回りで十分に回収できる方法です。

そのほかにも会社の資材を担保に取るなど様々な方法でリスクを回避しています。そのおかげでクラウドクレジットとは今までに貸し倒れを一件も起こしていないのです。

リスクを回避すればクラウドクレジットが一番いい

クラウドクレジットとは上記でも述べたように案件によっては高リスクが付き纏います。しかしこのリスクさえ回避できればクラウドクレジットが一番利回りが高くなっていますのでより効率よく資産を増やしたい方はクラウドクレジットが一番だと思います。

クラウドクレジットとは株主に伊藤忠商事を付ける信頼も実績もある会社ですので基本的には安全と言えます。

ただ危険な案件もありますので必ず投資する前にはリスクを確認しておいて下さい。リスクを回避すればクラウドクレジットが一番稼げますので。

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

クラウドクレジット関連記事