ヘッダー画像

クラウドクレジットのID登録の前に確認しておくべき3つのこと

クラウドクレジットのID登録の前に

クラウドファンディングの中でも特に今注目を集めているクラウドクレジットですので何も考えずID登録をされる方も多いのですが、クラウドクレジットとは利回りが高い反面リスクも高いですのでしっかりと考えてから投資することをお勧めします。

クラウドクレジットのID登録は簡単に出来ますのでまずはクラウドクレジットがどの様な会社かを知っておきましょう。

クラウドクレジットID登録の前に!①会社の信頼性を知っておく

クラウドクレジット1

クラウドクレジットID登録の前にまず知っておいて欲しいのはクラウドクレジットの信頼性です。クラウドクレジットとは利回りの高さからリスクが高いのではないかと不安になられる方も多いのですが信頼性はとても高くなっています。

なぜならクラウドクレジットの株主は伊藤忠商事株式会社、フェムトグロースキャピタル有限責任事業組合、有限責任事業組合フェムト・スタートアップ、マネックスベンチャーズ株式会社、株式会社GCIキャピタルとなっています。

特に伊藤忠商事株式会社とは資本金2000億円の世界を代表する会社です。

そんな伊藤忠商事が株主になる会社ですのでまず間違っても駄目な会社では無いでしょう。クラウドクレジットとはクラウドファンディングの会社の中で一番信頼できる会社では無いでしょうか。

クラウドクレジットID登録の前に!②利回りの高さの理由を知っておく

クラウドクレジット2

クラウドクレジットとは平均利回りが約10%とクラウドファンディングの会社の中ではトップクラスの利回りとなっています。利回りが高いと言うことはそれだけリスクが高いことになりますが、実はクラウドクレジットとは他の会社と異なり海外の案件を多く持っているのです。

基本的に発展途上国への投資になりますので、日本の担保や保障がある不動産案件に比べるとどうしても不安要素は高くなります。しかし発展途上国への投資だからといって貸し倒れが起っているかと言えばそうでは無いのです。

以前よりリスクが高い案件が多いと言われていますが、実際に貸し倒れは起こしていません。何より簡単に貸し倒れを起こす様な会社に多くの株主はつかないはずです。ただし注意しないといけないことは遅延を実際に起こしている点です。

遅延件数は実際は少ないのですが、ゼロではないので多少のリスクは生じます。

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

クラウドクレジットID登録の前に!③リスク回避方法を知っておく

クラウドクレジット3

クラウドクレジットへ投資をする際は必ずリスク回避を行うことをお勧めします。リスク回避を簡単にまとめると

①1つの案件に固執しない

②1つの会社に固執しない

クラウドファンディングのリスク回避方法は簡単です。まずは1つの案件に固執しないことです。例えば1案件に100万円投資するよりは10案件に10万円ずつ投資をした方が良いでしょう。また極論を言えばクラウドクレジットだけに固執する必要もありません。クラウドクレジット以外にmaneoやクラウドバンクなど信頼の出来る会社も多いですので様々な会社に投資した方がリスクは下がります。

クラウドファンディングでの貸し倒れリスクは1%未満と言われていますのでそこまで心配しなくてもよいのですが、その1%を引き当てた場合固執すればするほど被害は大きくなりますので、案件や会社に固執せずに小口で投資することをお勧めします。

クラウドクレジットでID登録を行おう

クラウドクレジット4

①まずは公式サイトより「無料新規登録」ボタンをクリックします。

クラウドクレジット5

②次にクラウドクレジットID、パスワード、パスワードの確認、Eメールアドレス、秘密の質問、秘密の質問の答えを入力し登録します。

クラウドクレジット6

③登録完了を有効化するURLが記載されていますので、そのURLをクリックして登録の完全な完了となります。

クラウドクレジット7

④次は口座開設になります。利用規約がPDFになっていますのでPDFを確認した後に同意します。

クラウドクレジット8

⑤クラウドクレジットの適合性を確認します。この適合性で審査に落ちることはありませんので気楽に登録してください。

クラウドクレジット9

⑥個人情報を入力します。

クラウドクレジット10

⑦次に預託金に関する同意事項に関するPDFをダウンロードするページに移りますので、PDFをダウンロードして、その内容をチェックしましょう。確認が終われば、口座開設ページに戻り、書類の内容に同意するチボタンにチェックし、送信ボタンをクリック。 そうする事で、クラウドクレジットの口座開設の申請が完全に完了します。

クラウドクレジット11

⑧クラウドクレジットで口座開設申請を完了させた後、申込者の審査をクラウドクレジット側が行います。審査結果は3営業日程で完了し、審査通過が出来た方に関しては、その後、本人受取書類が送られてきます。そこには、お客様コードが記載された書類が送付されていますので、そのコードを、マイページにログインした後に入力すれば、クラウドクレジットでの口座開設が完了します。

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

クラウドクレジット関連記事