ヘッダー画像

クラウドクレジットの実績を全て公開!まずはご確認下さい

クラウドクレジット

クラウドクレジットとはクラウドクレジット株式会社が行うクラウドファンディングサービスで、高い利回りと安全性から高い今最も人気のある会社の一つといえます。

クラウドクレジットの実績は確かに素晴らしいのですが、良い実績と悪い実績がありますので全てを知った上で投資をされることをお勧めします。

そんなクラウドクレジットの実績を全て公開!

クラウドクレジットの実績とは

クラウドクレジットの実績を計る基準は「成立ローン」、「利回りとリスク」、「株主」、「貸し倒れや遅延」となっています。その中でも特に有名なクラウドクレジットの会社と各項目を比較していますのでまずはクラウドクレジットの実績をお確かめ下さい。

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

クラウドクレジット実績①成立ローン

クラウドファンディングの会社の実績を確認する上でまず重要になるのが成立ローンの金額です。単純に成立ローンが高い程利用者が多いことになりますのでまずは成立ローンを確認してみましょう。

※2017年6月

まずクラウドクレジットの成立ローンは2017年6月の時点で29億9980万円になっており後少しで30億円となっています。ではこの30億円とは他のクラウドファンディングの会社に比べてどうなのか比較してみました。

成立ローン
  • maneo:745億
  • クラウドバンク:140億
  • ラッキーバンク:100億
  • クラウドクレジット:30億

このように各会社の実績と比較するとクラウドクレジットの実績はまだまだ少ないことが解ります。ではなぜクラウドクレジットの実績は他の会社に比べて少ないのでしょうか?それはクラウドクレジットならではの理由があるからです。

クラウドクレジットの実績②利回りとリスク

どんな投資でも利回りが高い程リスクは高まります。これはクラウドファンディングの世界でも同じです。クラウドクレジットとは他の会社に比べると利回りがとても高くなっていますので、リスクが怖い投資家はどうしてもクラウドクレジットを避けてしまうのです。まずはクラウドクレジットとクラウドクレジット以外の会社の平均利回り実績を比較してみましょう。

利回りとリスク
  • クラウドクレジットの平均利回り:9.65%
  • ラッキーバンクの平均利回り:8.5%
  • クラウドバンクの平均利回り:6.25%
  • maneoの平均利回り:4.95%

このようにクラウドクレジットとは他のクラウドファンディングの会社に比べると解る様に高い利回りになっています。その為他の会社に比べると少し投資する際に躊躇する傾向にあり成立ローンが少なめになっているのです。しかしクラウドクレジットの会社が信頼できないかと言うとそうではありません。

クラウドクレジットの実績③株主

クラウドファンディングの会社の信頼性と実績を見る際に重要になるのが株主の存在です。当たり前ではありますが信頼できる会社からの株主が付いている方が会社の信頼性が上がります。株主も詐欺会社の株主になれば会社の信頼を落とすので大手の会社程株主のなる際は慎重になるものなのです。では各会社ごとの株主を比較してみましょう。

株主
  • クラウドクレジット:伊藤忠商事株式会社、フェムトグロースキャピタル有限責任事業組合、有限責任事業組合フェムト・スタートアップ、マネックスベンチャーズ株式会社、株式会社GCIキャピタル
  • maneo:GMOクリックホールディングス株式会社、株式会社VOYAGE VENTURES、MICイノベーション4号投資事業有限責任組合、SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合、Spiral Ventures Japan Fund 1号投資事業有限責任組合、アイビス新成長投資事業組合第4号、池田泉州キャピタルニュービジネスファンド4号、5号投資事業有限責任組合、SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合
  • クラウドバンク:クラウドバンク株式会社
  • ラッキーバンク:不明

実は株主だけで見るとクラウドクレジットとmaneが明らかに他の会社に比べて上にでており会社の信頼性が高い会社は?と質問されば「クラウドクレジット」か「maneo」とはっきりと答えることができます。特にクラウドクレジットの株主の中には伊藤忠商事株式会社が含まれており信頼性の高さが伺えます。

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

クラウドクレジットの実績④貸し倒れや遅延

クラウドファンディングを行う際に最も注意したいのが貸し倒れです。もし安全を確保したいなら貸し倒れが発生していない会社に投資するのが一番です。また不安をあおる遅延もなるべく起こさない会社に投資をした方が良いと思います。では各会社ごとの貸し倒れと遅延の状況について比較してみます。

貸し倒れや遅延
  • クラウドクレジット:貸倒れ無し、遅延あり
  • maneo:貸倒れあり、遅延あり、遅延あり
  • クラウドバンク:貸倒れ無し、遅延あり
  • ラッキーバンク:貸倒れ無し、遅延無し

基本的にクラウドファンディングの会社の多くは遅延を発生させることがあります。しかし確率としては極めて低く1%未満と言われています。また貸し倒れが発生して投資家が大きな損をしたと言う話は聞きませんのでそこまで気にしなくてよいと思います。私が思うに「クラウドクレジット」や「maneo」などは遅延が発生した場合隠さずに報告しますのでその点はかなり信頼できると思います。

クラウドクレジットの実績まとめ

クラウドクレジットは信頼も実績もある会社であることは間違いありません。しかし海外への投資と高い利回りが仇となり嫌煙する人も多いのも事実です。確かにより安全を求めるならmaneoの方が良いでしょう。しかしmaneoもクラウドクレジットも遅延の発生率で比べるとほとんど変わりませんのでそこまで気にしなくて良いのも事実です。ただし会社の信頼性に関しては「クラウドクレジット」と「maneo」が明らかに高くなっていますので初めてクラウドファンディングで投資をされる方は「クラウドクレジット」もしくは「maneo」での投資をお勧めします。

利回り平均10%オーバー!高利回り案件で注目を集めるクラウドクレジット

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

クラウドクレジット関連記事