ヘッダー画像

maneoの確定申告は不要?

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

maneoの利益は雑所得扱い

maneo体験裏話

maneoの確定申告の基準は20万円以上の利益を出したか出していないかによって決まります。またmaneoで得た利益は「雑所得」に分類されますので、雑所得の税金を支払う必要があるのです。

maneoを含め全ての利益が20万円以下の場合

maneoや他の利益(ソーシャルレンディングやアフィリエイト)など給料以外の利益が20万円以下の場合は確定申告をしなくても大丈夫です。maneoは利益を得る際に20.42%(復興特別所得税込み)を先に引かれています。

maneoの利益+お給料の合計が195万円以下の場合は確定申告

maneoで得た利益は「雑所得」扱いになります。雑所得とは「maneoの利益」+「お給料」で決まり(課税所得金額)、この合計が大きいほど税金を多く取られるのです。

よく大物芸能人が「税金で半分くらいもっていかれますわー」と言うのはこの為なのです。ちなみに課税所得金額の合計が195万円以下の場合は15%税金で引かれ、仮に一億円を超える大物芸能人であれば50%税金として引かれます。

しかしmaneoの場合利益を分配する際に20.42%一律で先に税金分を引いていますので雑所得195万円以下の人は5%程損をしていることになるのです。その為課税所得金額が195万円以下の人は確定申告をすることをお勧めします。

maneoの利益+お給料の合計が20万円を超えたら確定申告が必要です

maneoの利益が20万円を超えたら潔く確定申告をしましょう。初めて確定申告をされる方は正直面倒だと感じますが、それはあなたが利益を出し稼いだ証です。そして今後も必要になる作業ですので面倒と思わず「あー今年もいっぱい稼いだな、来年も頑張ろう」と言う気持ちでされることをお勧めします。

確定申告は1月~12月まで得た利益を翌年の3月15日までに申告する必要がありますの必ず期限内に行いましょう。初めて確定申告をする際はどうしても数時間かかる可能性はありますがそれ以降は意外にスムーズに終わりますので一回目だけ耐えて下さい。

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

maneo関連記事