ヘッダー画像

maneoの評判がいまいちな訳を知ってくれ

maneoの評判

maneoとは融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のシェア率が5割を超える日本を代表するクラウドファンディングの会社であることは間違いありません。しかし全ての評判が高い訳ではないのでご注意ください。

では何故maneoの評判はいまいちなのか?

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

maneoの評判がいまいちな理由

maneoがいまいちな理由として一番初めに挙げられるのが利回りの低さです。

例えば利回りが高いクラウドクレジットなどは平均利回りが10%程の対してmaneoの利回りは平均6%程になっています。

それ以外にもトラストレンディングが9%、ラッキーバンクが8%程になっていますのでmaneoの利回りは決して高いとは言えません。

その点はやはりmaneoの評判を下げている要因と言えます。

では何故利回りの低いmaneoが現在業界トップにいるのでしょうか?その最大の理由はmaneoの信頼性にあったのです。

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

maneoの評判が高い理由①実績の長さ

maneoは今年で9周年となっておりこの業界では一番長い実績を持っています。例えばクラウドクレジット等は最近3周年を迎えたばかりですのでmaneoの半分程の実績と言えます。他の融資型クラウドファンディングの多くも2年から3年の実績ですのでいかにmaneoの実績が長いかが解ります。

maneoとは融資型クラウドファンディングの元祖的存在であり今ある融資型クラウドファンディングの多くはmaneoを参考にして出来てと言っても過言ではありません。実際にmaneo以外のサイト見てみると解るのですがどのサイトもmaneoの構造と似ており参考にされていることが解ります。

今の融資型クラウドファンディングがあるのはmaneoがあったからと言ってもいいくらいmaneoはこの業界を発展させてきました。そんなmaneoの評判は今現在でも高くその人気は衰えることはありません。

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

maneoの評判が高い理由②案件数の多さ

maneoの評判が高い理由の一つに案件数の多さがあります。

実は融資型クラウドファンディングの会社の中にはわずか数分で案件が完売し次の案件が出るまで数週間待たなければならない会社もあります。例えばラッキーバンクやトラストレンディングがそうです。特にラッキーバンクの案件は数分で完売することで有名ですので人気故に評判を下げています。

一方maneoは案件数が豊富な為余程のことがない限り何かしらの案件に投資することが出来きます。初めて融資型クラウドファンディングに投資される方はmaneoが一番でしょう。せっかく投資したいときに投資出来ないのはやはり辛いですので初めの内は案件数が豊富な会社で投資することをお勧めします。

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

maneoの評判が高い理由③投資しやすい案件

融資型クラウドファンディングの案件には投資しやすいものと投資しにくいものがあります。例えば個人への融資や海外への融資などは多少リスクが上がりますので投資しにくいジャンルと言えます。

maneoの案件の多くは国内のローンファンドや不動産案件になっていますのでmaneoの案件は投資しやすいものになっています。

基本的に国内の不動産案件などは投資しやすいのでお勧めなのですが、個人への貸し出し等はリスクが極めて高くなりますので投資初心者の方は避けたほうが良いと思います。maneoの案件は初心者の方でも安心して投資できるものが多い為、特に初心者の方からの評判が高くなっています。

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

maneoの評判が高い理由④メディア取材がすごい

maneoとは様々なメディアで取り上げられておりその評判の高さを伺えます。確かに一回二回くらいならどんな会社でも取り上げられることがあるのですがmaneoの場合はその数が凄いのです。2009年ガイアの夜明け、ゆうどきネットワーク、2010年読売新聞、日本経済新聞、朝日新聞、東洋経済、AERA、2011年NHK、日経産業新聞、2012年日経マネー、日経トレンディ、BIG tomorrow、2014年日経ヴェリタス、不動産経済ファンドレビュー、2015年高齢者住宅新聞、東京IT新聞 、日本経済新聞、日経トレンディ、ダイヤモンドQ、2016年プロパティマネジメント、日経マネー、不動産経済ファンドレビュー、日本経済新聞、週刊SPA!、日本経済新聞朝刊、日経ヴェリタス、日本経済新聞朝刊、2017年FundReview、日経マネー、BIG tomorrow、週刊エコノミスト、ニッキ

この様にmaneoとは日本を代表するようなメディアに多数紹介されておりその注目を伺うことが出来ます。これはmaneoの評判が高い証拠ではないのでしょうか。

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

maneoの評判まとめ

maneoとは確かに利回りが低く評判を下げていることは確かです。しかしその他の評判は高くなっています。その評判はそのまま利用者数に表れており現在maneoの登録者数は4万人を超えています。他の融資型クラウドファンディグの多くは数千人程度の利用者数ですのでその人気の高さが伺えます。

業界シェア率No1!利回り5%~8%でローリスク、ミドルリターンのmaneo

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

maneo関連記事