ヘッダー画像

SBIソーシャルレンディングは貸し倒れゼロ?違います貸し倒れを起こしています

SBIソーシャルレンディング貸し倒れ

SBIソーシャルレンディングの公式サイトを見てみるとまず初めに目に付くのが「貸し倒れ件数0&年利2.0~6.5%」となります。

これだけ見ると「SBIソーシャルレンディングって貸し倒れゼロで安全なんだ」と思ってしまいますが実はSBIソーシャルレンディングは過去の貸し倒れを起こしています

では一体なぜSBIソーシャルレンディングは貸倒れ起こしているのにも関わらず貸し倒れゼロと堂々と言っているのでしょうか?

その答えは「有担保貸付事業での実績」にあったのです。

SBIソーシャルレンディングは有担保貸付事業で貸し倒れゼロ

公式ホームページの画面左上に有担保貸付事業での実績!

この有担保貸付事業とは簡単に言えば担保がある企業への貸付になります。今SBIソーシャルレンディングは基本的に有担保貸付事業のみを行っており貸し倒れは発生させていません。

その為ホームページに大きく「貸し倒れゼロ」と書いても事実ですので問題は無いと言えます。しかしなぜ「有担保貸付事業での実績」と書かなければいけなかったのか?

その答えは有担保貸付事業以外で貸し倒れを発生させていた黒歴史があるからではないのでしょうか?

2011年~2013年に起きたSBIソーシャルレンディングの貸し倒れ

SBIソーシャルレンディングは2011年~2013年頃に有担保貸付事業ではなく個人にお金を貸し出していた時期がありました。

今は無いのですが「SBISL借換ローンファンド」、「SBISLフリーローンファンド」と言ったものです。この貸し倒れに関しては数百万円規模の被害が複数件発生していた様で今のソーシャルレンディングで考えられないくらい高リスクとなっていました。

確かに個人向けローンファンドは有担保貸付事業とは異なりますので貸し倒れゼロと言っても問題は無いのですが、なんだか過去を隠しているようで個人的には引っかかります。

ただしSBIソーシャルレンディングは個人向けローンファンドを止め事業向けローンファンドのみを取り扱う様になってからは貸倒れを発生させていませんので安全な会社である事は間違いありません

実は今も個人向けローンファンドを行っている会社が存在しますが、もし見かけても投資しない方が良いでしょう。なぜならソーシャルレンディングで業界シェア率No1のmaneoですら過去に個人向けローンファンドを行い貸し倒れを発生させているのですから・・・どこがやっても貸し倒れが発生します。

クラウドファンディング会社ランキング

ランク1
信頼度No1
オーナーズブック
オーナーズブック
基本情報
利回り5%~
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

人気の不動産案件を取り扱うオーナーズブック!安全性の高さから最近人気が高まっています。案件数が少ない為投資したい時に案件が無いケースがありますが、案件がある時は優先して投資した方が良いでしょう。

ランク2
最大利回り13%超え
クラウドクレジット
クラウドクレジット
基本情報
利回り最大13%以上
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

最大利回り14%!高利回りで注目を集めるクラウドファンディング会社のクラウドクレジット。伊藤忠商事株式会社を株主に持つとても信頼性の高い会社です。1万円から投資が可能になっていますので初めての方でも投資しやすくなっています。

ランク3
業界シェア率No1
maneo
maneo
基本情報
利回り5~8%
投資額1万円~
口座開設期間3~5営業日以内
手数料無料

国内のソーシャルレンディングの生みの親でもあるmaneo業界シェア率は50%を越えており圧倒的な知名度と人気、そして信頼性を得ている会社です。投資しやすい案件も多い為初心者の方にお勧めの会社と言えます。

SBIソーシャルレンディング関連記事